青森から上京したての20歳女子がエロすぎた本当の話【京急川崎駅前ナンパ生SEX後篇】

こんにちは、ノジーです。

 

前回の前篇では京急川崎駅前でナンパした菜々ちゃんとカラオケに行って、最初は素っ気なかった菜々ちゃんがカラオケルーム内の”焦らし前戯”であえなく陥落。ついにホテルに行くことになった、、、までの話を書きました。

前篇はこちら↓↓
>>京急川崎駅前でナンパした青森出身の20歳女子をカラオケルームで前戯してパンツをビチョ濡れにさせた話

 

今回の後篇ではホテル内でのセックスの話とその後の後日談。カラオケ前戯で身体が火照った菜々ちゃんがチンポを求めて激しく喘ぎます、、、今思い出すだけでも勃起しちゃいます(笑)

 

とにかく最初の素っ気なさとのギャップが激しすぎる!!やっぱりねぶた祭の青森パワーはすごいぜ!!ということで、本編に入っていきます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

今回のリアルナンパ体験談の概要

  • お相手は青森県から上京して3ヶ月の20歳女子の菜々(仮名)。
  • 色白で正直かなり可愛い。(写真を撮り忘れたのがほんとに悔やまれる・・・)
  • 青森訛りが抜けていないのも高ポイント。
  • 身長は推定155cmくらい。痩せてもなく太ってもいない健康的な身体。
  • おっぱいはDカップ。
  • カラオケの焦らし前戯でパンツビチョ濡れ。
  • ラブホテルで激しく悶ながらチンポを哀願。そのまま生エッチ。

 

京急川崎駅近くのラブホテルへ向かうノジーと菜々ちゃん

ビッグエコーでの会計を済ませホテルに向かうことに。菜々ちゃんの手をさっと取って手を繋いで歩く。せっかく前戯で火照らすことができたのに、ここで冷ますわけにはいかぬと。さすが川崎。ビッグエコーからちょっと歩いたところにラブホテル発見。菜々ちゃんの手を引いて入るノジー。菜々ちゃんも嫌がるそぶりはまったくない。

 

ホテルモア

適当な部屋のボタンを押して部屋へGO!エレベーターでキスしたくなったけど、「部屋に入った途端に激しいのしてやる!」と思ってここは我慢を。

 

入室するなり激しくディープキス!肩に手を回して求めてくる菜々ちゃん

いよいよホテルに入室。ノジーにとって待ちに待った瞬間だ。部屋に入ってドアを締めた瞬間に菜々ちゃんの顔をもって激しくディープキス!思いっきり舌を菜々ちゃんの口の中にねじ込む。

 

「やん…」

 

菜々ちゃんは最初はびっくりしたのか少し抵抗する素振りを見せたものの観念。舌をベロベロ絡ませながらノジーの肩に手を回して激しく応戦してくる。

ディープキス

画像はイメージです

 

玄関前でのディープキスをしばらく堪能した後、そのままベッドへ。今回はすぐに押し倒すのではなく、ベッドに座ってもう少しねっとりディープキスを楽しみたくなったノジー。菜々ちゃんをベッドに座らせ斜め後ろに回り込んでから再び唇を奪ってディープキス。

 

舌をからませたり、吸いあったり、唇を舐め回したり、歯の裏側の肉をペロペロ舐めたり、、、。


「あぁん♡」

 

お互いの唾液を激しく絡ませ合う濃厚キスに菜々ちゃんもすでに感じているようだ。「元カレのキスより気持ちいいだろ?」と心のなかで自画自賛する変態ノジー(笑)

 

後ろからの焦らし責めにアエギ声を出して感じる

ディープキスをしながら手は胸を揉みしだいておっぱいの柔らかさをしばらく堪能。ノジーは「おっぱい大きいね、何カップ?」と聞いたら「Dカップ」と答える菜々ちゃん。Dカップはノジーにとってのベストサイズ!ナイスだぜ!!

 

そして後ろからブラのホックをはずしてブラウスっぽい菜々ちゃんの服を脱がす。はじめて見る菜々ちゃんのおっぱい。

 

とにかく肌が白い。乳首もピンク!

 

ひょっとして彼氏しか男を知らないんじゃね!?とゲスな想像を掻き立てるノジー。それにしても北国女子はやっぱり最高!

 

たわわなおっぱいを後ろから内から外へ回すようにもみしだくノジー。

パイモミ,後ろから

画像はイメージです

 

胸をもみながらときおり、乳首を手の腹でチョロチョロこすったり、親指と中指でつまんだりするたびに「いやぁん♡」と声を出して感じるようだ。まだまだ焦らしまっせー。

 

耳責め+首筋責め+乳首責めに腰をクネクネして求める菜々ちゃん

そしてノジーが大好きな後ろからの乳首責め+耳責め。耳の周りを舌先で舐めたり、耳たぶをカプッと甘噛みしたり、耳の中に舌の先っちょを入れてみたり。わざと耳元で「はぁはぁ」という声を聞かせたり・・・。乳首責めとの相乗効果が良かったのか、「あん、あぁん♡」と激しく感じている。

耳舐め

画像はイメージです

 

菜々ちゃんの真っ白できめ細かい肌と自分の肌をあわせたくなったノジーは上半身の服を脱ぎ捨て肌を密着。菜々ちゃんも肌をすり合わせてくる。今度は首筋を下から上に舌先で舐めあげたり、背中を舐めたりを混ぜ合わせる変則耳舐め。もちろん乳首責めは続けながら。

 

激しくアエギ声を出しながらついに腰がクネクネ動き出した菜々ちゃん。「わかってるよ。そろそろ下を責めてほしいんだろ?でも、まだ責めてあげないよ」と心のなかでつぶやくドSノジー(笑)

内ももなぞりの焦らしで意識をアソコに集中させる

後ろから菜々ちゃんの太ももを持ちゆっくりと足を開かせる。左手で乳首責めを続けながら右手は菜々ちゃんの内ももをソフトになぞる。膝近くの内側から鼠径部のキワのところまで指の腹を使ってソフトにゆっくりなぞってはまた遠ざける。さらに鼠径部のキワの部分を指先でツツーっとなぞり上げる。

 

あくまでアソコ責めのための焦らしだけど、これが効果的なんだ。一番感じるアソコを意識させるようにしながらその周りを愛撫。”本丸”にあえて触らないで外堀を埋めていくことで、逆に本丸への意識があがっていく。実際、腰をクネらせて菜々ちゃんは悦んでいるようだ。

 

ついに指がアソコへ。パンツはビショビショの大洪水

”頃合い”を見計らって指はついに菜々ちゃんのあそこへ。ゆっくりと鼠径部のキワからパンツの上へ。カラオケでしたのと同じようにパンツのワレメに沿って下から上へ指をゆっくりとなぞりあげてみる。

 

さんざん焦らされてついにお待ちかねのアソコ責め。菜々ちゃんは声を一段と大きくして「いやぁん♡」とアエギ声。驚いたのはパンツが溢れんばかりの愛液でビショビショだったことw

パンツ,染み

画像はイメージです

 

しばらく彼氏としてなかったから、本当はしたくてしたくてしょうがなかったのかな??まだ触ってないのにここまでグチョグチョなのも珍しい。

 

「もうこんなにビチョビチョじゃないか。興奮してるんだろ?」

 

あえて低めのトーンでいじわるに聞くノジー。

 

「ヤダ・・・♡」

 

恥ずかしそうにしながらも悦びの声をあげる。菜々ちゃんの悦び方から彼女はM体質だと勝手に断定(笑)言葉責めもMには効果的なのよん。

 

パンツの上からワレメに沿って指先で下から上へ、上から下へ、何度もゆっくりとなぞる。そのたびに喜びの声をあげる菜々ちゃん。

パンツ,指,なぞる

画像はイメージです。

 

「パンツがシミだらけになったら女の子は嫌だろうな」となぜか現実的な思考にとらわれたノジーはガバッとワイルドめにパンツの中に手をツッコむことに。溢れかえっている愛液を指先につけてまたゆっくりと下から上へ指先でソフトに一回なぞる。クリトリスに触れたとたんに「あぁぁん♡」と激しく喘ぐ菜々ちゃん。

クンニは先派?それとも後派?

ここで一気に指でクリトリスを指でクリクリしたいところだけど、それは後にとっておく派のノジー。というのは、クンニでも感じさせたいからなんだよね。ノジーの個人的な見解だと刺激の強さは次の順番なんじゃないかと思ってる。

指>舌

 

つまり、先に指で激しく責めちゃうとその刺激に慣れてしまい、その後のクンニの効果が弱くなってしまうと思うんだ。クンニ、指責めそれぞれの効果を高めるために、

 

クンニ→指責め

 

の順番で責めていくのがノジー流。

 

ということで、指で一回だけワレメをなぞって終了。後のお楽しみということで。次はクンニに持っていくために、菜々ちゃんを仰向けにさせて、パンツをワイルドにガバッと脱がす。やっぱり彼女はM体質だ。激しく脱がされただけで「いやん♡」と声を出して悦んでいるではないか。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

「イクぅッ!」執拗なクンニ攻撃でついに一度目の絶頂を迎える

パンツを脱がし足を開かせて菜々ちゃんの秘貝をじっくりと眺めるノジー。あまり使いこまれていないのか?ピンク色のアソコが実にキレイだ。すでに溢れんばかりの愛液が滴り流れている。

 

「あんまり見ないでぇ」

 

ノジーの視姦に恥ずかしがる。「キレイなアソコだね。」と応えるノジー。無言の菜々ちゃん。どうやら本当に恥ずかしいようだ。

 

愛液で溢れかえったアソコにすぐにでもむしゃぶりつきたい衝動を抑えて、少しだけ焦らしをいれてみる。ゆっくりとアソコに顔を近づけたノジーはすぐにヴァギナを舐めないで、アソコの周りの鼠径部に舌を這わせる。鼠径部から内太ももへ舐めあげたり、アソコの周りの大陰唇に舌を這わせてみたり。左側を舐めて、次は右側へ。

 

相変わらず腰をくねらせて悦びの声を上げている。チラッと菜々ちゃんの顔を見てみたら、色白の顔が赤らいでいる。感じてる顔がガチでかわいい♡ノジーのチンポもガチガチのフル勃起で、先走り汁でグチョグチョだ。

 

正直、今すぐにでも菜々ちゃんの”本丸”にぶち込みたい。でもそんな欲求をグッと抑える。こんな時、自分に投げかける言葉がある。

 

奉仕の精神

 

これこそがセックスを成功におさめる秘訣だと思っているノジー。自分本位ではなく相手本位でセックスをするのが大人の男というものだ。

 

そろそろ”頃合い”と思ったところでクンニ責めへ。ゆっくりと顔を菜々ちゃんの秘貝に近づけて、舌で愛液をすくい上げてみる。ツーと舌から流れ落ちる愛液。そしてヴァギナから漂う甘酸っぱい匂いに興奮する。男を誘う”女の匂い”だ。

 

もう一度愛液をすくい上げて、今度はゆっくりとワレメに沿ってクリめがけて舌の先端で舐めあげてみる。クリに触れたところで激しい声で鳴いている菜々ちゃん。そろそろ本格的なクンニで鳴かせたくなってきた。

 

舌先で秘貝の下から上へ舐めあげたり、クリの周りに沿って舌をコロコロと回したり、ビラビラの小陰唇に舌を這わせたりのクンニ責め。

 

「あん♡いやぁん♡」

 

恐らくひさしぶりにクンニだったんだろう。恍惚とした表情を浮かべながら鳴いている。愛液も留めなく流れている。そろそろ一回クリイキさせてみようか?そう思ったノジーはクリの皮を向く。そして舌先にグッと力を入れて十分尖らせた先端でチロチロ優しくクリの直舐め。

クンニ

画像はイメージです

 

 

「いや、いや、いやぁぁぁん!!」

 

菜々ちゃんは激しすぎる声をあげて悦ぶ。さらにクリ責め。彼女はノジーの頭を手でつかんで激しく鳴き続ける。さらに舐める。舐める。舐める。

 

「ダメ、ダメ、イッちゃいそう!!」

 

激しくノジーの頭の手をつかんで感じる菜々ちゃん。「ダメ、ダメ」と言いながらも悦んでいるのはわかっているので毛頭やめるつもりはない。同じリズムで舐める。舐める。舐める。

 

「ダメ、ダメ、ほんとにイッちゃう!!」

 

舐める。舐める。ひらすら舐める。菜々ちゃんの腰がブルブルと小刻みに震えだす。そろそろ”頃合い”だ。

 

「イク、イクぅ、イッくぅぅぅ!!!」

 

身体を小刻みに震わせながら一度目の絶頂を迎えた菜々ちゃん。クリから顔を離して彼女の表情を見つめる。トロ~ンとした表情で”男を求める”ような瞳で見つめてくる。妙に男心をくすぐられる。「この子はエロい」そう思った瞬間だった。

 

激しく求めてくる菜々ちゃん。女子から”女性”へと変貌する

一度マジイキしたことで完全にタカが外れたのか、ここから彼女は激しく求めてきた。自らノジーの顔を掴んで激しくディープキス。舌を自分からねじ込んでノジーの舌にペロペロと絡みあわせてくる。さらに、「また舐めて」と言ってノジーの顔を掴み股を開いてクンニリングスを要求。

画像はイメージです。

 

「え?」

 

ドMに仕立ててイジメてやろうと思っていたが、いきなりの彼女からの攻勢に若干たじろいでしまったノジーだった。それでも女性の要求に応えるのが男性というもの。もう一度、クンニ責めでひたすら舐め続け2度目の絶頂を迎えた菜々ちゃん。

 

次は膣の中への指入れをご所望してきた。やばい、完全にペースをもっていかれてもうた。。。

 

ついにチンポを求めだす彼女

ゆっくりと膣の中に指を入れていくノジー。花満開に開き、愛液で満ちた膣穴はすでに受け入れ体制万全だ。まずはゆっくりゆっくりと入り口から中、奥まで一刺ししてみるノジー。「はぁん♡」と悦びの声をあげる菜々ちゃん。

 

からみつくように肉ヒダで指を締めつけてくる菜々ちゃんの秘貝。若いアソコはやっぱりいい!その後は入口付近から膣全体に指をかき混ぜるようにして膣の感触を楽しむ。さらにGスポットっぽいところを探して膣の上をゆっくりとこすっていく。

 

指の腹にザラザラとした感触。ここだ!ここをコスったりグリグリしてみる。

 

「あぁん!そこいぃぃ!」

 

どうやら菜々ちゃんはGスポットを責めてほしいようだ。そしてグリグリが好きらしい。導かれるままにGスポットをグリグリ。激しいアエギ声をもらしながら、もっと求めてくる。今度は手マン+クンニのW責めに入る。

手マン,クンニ,イク

画像はイメージです。

 

部屋中に響き渡るほどの歓喜の声をあげながら絶頂を迎えた菜々ちゃん。さらに欲しそうな瞳で見つめてくる。「エロい・・・」。正直ここまでエロいとは思っていなかった。驚いたぞ、青森!驚いだぞ、今どきの子よ!

 

そして、ついに彼女は”もっと太くて固いもの”を求めてくる。

 

「入れて・・・」

 

AV定番の「何を?」「どこに?」と聞きたいところだったけど(笑)、菜々ちゃんの瞳はそれを許さなかった。

 

「じゃあ俺のも舐めてよ」

 

セックスでは絶対にフェラしてもらいたいノジーはそれを言うのが精一杯だった。

 

フェラテクはやっぱり20歳。少し安心

ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ、ジュポポポポッ。

フェラ

画像はイメージです。

 

卑猥な音をたててそそり勃つリトルノジーを頬張る菜々ちゃん。恐らく音をだすのは元カレに仕込まれたのか?音はなかなかのものだ。

 

しかし、テクニックはまだまだ。舐め方が単調だし、基本は裏筋舐めと咥えて上下にストロークの2種類とバリエーションも少ない。

 

でも少し安心したのが正直なところ。これで玉舐め、アナル舐め、ディープスロート、ローリングフェラなどの技術が出てきたら、「この子は本当は風俗嬢かAV女優なんではないだろうか?」と疑念を抱くところだったし。

まぁ、音出しはなかなか秀逸だけど20歳女子の普通のテクニックかな。調子に乗ってシックスナインを望んだら応えてくれた菜々ちゃん。恋人同士じゃないからある程度開放的になれるのかな??

シックスナイン

画像はイメージです。

 

再び秘貝への刺激を与えたことでやっぱりチンポが欲しくなったのか?「入れてぇ」と哀願してくる菜々ちゃん。そろそろ”頃合い”かな。

 

生で挿入。正常位→バック→騎乗位→対面座位→正常位で大量発射!

お互い何の確認もせずに当たり前のように生で菜々ちゃんの中に入っていったリトルノジー。若いからいい感じで締めつけてくるし、チンポを咥えこんで離さない絡みつくような肉ヒダがほんとにたまらない!!彼女もクネクネ腰を動かして求めている。

 

久しぶりの生セックスの感触に感動!包み込むような温かさと、チンポに絡みつくような膣の感触があまりにも気持ちいいので「こりゃ、すぐ出てまう!」と思ったのはすごく記憶に残っている。

 

男の定番のイキそうになったら体位を変えて何とか堪える。正常位→バッグ→対面座位→正常位と小刻みに体位を変えていく。色白で桃のような菜々ちゃんのお尻。バックは異常に興奮したなぁ。

バック

画像はイメージです。

 

最後は正常位でフィニッシュ。菜々ちゃんの真っ白なお腹にたっぷりとノジーのDNAを放出した。ここで中出しをするのはルール違反だ。

 

その日はそのままホテルに宿泊。翌朝に近くのカフェでモーニング。連絡先を交換してバイバイ。超可愛いし、もう一度会いたいと思ったんだ。

 

その後も週一で会ってセックスしたが、菜々ちゃんに彼氏ができたことで終焉

菜々ちゃんとはその後も週一くらいで会ってセックスした。もちろん、セックスだけするのではなくて一緒に食事をしたり、飲みに行った後にセックスする感じ。セックス中心の関係だったから、セックス三昧だったね。でも、恋人にはならないってお互いわかっていたと思う。そんな関係が2ヶ月くらい続いたかな?ある日、菜々ちゃんから連絡が来たんだ。

 

「彼氏ができた」

 

暗に「もう会えない」って言っているのはわかってた。もちろん「おめでとう!」と返したよ。まぁ、成功率の低いリアルナンパで若くて可愛い子とここまで持ち込んだからノジーは十分満足だったかな。

 

後日談

画像はイメージです。

実は彼氏ができたと言われた後に、「最後のお願い!」で一度だけ会ったんだ。もちろん激しく生セックスしたよ。もうこれが最後とわかっていたから、連続で2回エッチした。


お願いしたノジーが悪いのは確かだけど、職場に新しい彼氏がいながら何食わぬ顔して別の男とセックスする菜々ちゃん。若くてかわいい子にはかないませんがな。

 

いやぁ、前回も話しましたけど、青森の女性は火がついたらすごく激しいのかな??近いうちに青森に遠征してネットナンパで確かめてみようと思ってます。これはガチで実現させるぞ!

 

すぐ出会ってセックスしたいならやっぱり出会い系サイト!ノジーが使っているおすすめはこれだ!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

今回はうまくいったリアルナンパ体験記を話していますけど、正直リアルナンパは成功率が低いですよね。ノジーも成功率が高いわけではありません。やっぱり即効性や確実性を求めるなら出会い系サイトがガチで一番ですよ。一番のおすすめはPCMAX。女性の登録数が多いし、年齢も幅広い層から選べます。

ここから登録すれば初回の無料ポイントがもらえるからぜひ試してみてね↓↓

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

ノジーがよく使っている3つの出会い系サイトもランキングで紹介しています。こちらもよかったらどうぞ!

>>ノジーが実際に使っておすすめする厳選出会い系サイトランキングベスト3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る